【12】2019真冬のギリシャ〜アテネから日帰りでデルフィ遺跡(前編)

ギリシャ4日目、本日はアテネからデルフィ遺跡まで日帰りで出かけます。6時に起床し、6時50分頃に宿を出発。

↑宿のすぐ近くの中央市場。昨夜のスリ遭遇もあり、暗いうちに出歩くのはちょっとためらわれたが、、早朝から外にいるのはちゃんと働いている真面目な人たちばかりなので、治安の悪さは感じなかった。

↑オモニア駅から地下鉄乗車。券売機と改札の様子。地下鉄は距離ではなく時間で料金が決まる。90分間有効のものを購入。1.40ユーロ(約175円)

↑落書きしすぎて逆に完成度が高く見える車両。

デルフィへ行くバスは、リオシオン・バスターミナル(別名バスターミナルB)から出ている。このターミナルへの行き方がわかりにくい!とネットで噂になっていたので、以下、道順を解説。

↑バスターミナルはここ。地球の歩き方には、オモニア広場からブルーバスA11かB11で行けると書いてあったが、私は地下鉄で行きました。

実際に歩いたルート。

オモニア駅からは地下鉄M1に乗り、Aghios Nikolaos駅下車。

写真1

↑駅に背を向けて、まっすぐいく。

写真2

↑しばらく行くとバス通りに出るので、右折。

写真3

↑すごくわかりにくいが、KTEA>という看板が出ているので、これに従い右折すると、

写真4

すぐにバスターミナルがあります。到着です。

7時15分頃に到着し、そのままチケット売り場でデルフィ行き7時半発のチケットを購入。時刻表は以下。

▶︎アテネ→デルフィ
7:30/10:30/15:00/17:30/20:00(金・日のみ)
▶︎デルフィ→アテネ
月~金 5:30/11:00/16:00/18:45
土〜日 7:15/11:00/16:00/18:45

(※ネットで調べた情報なので、参考程度でお願いします・・。)

バス料金は、片道16.40ユーロ(約2040円)・往復32.80ユーロ(約4080円)。

帰りは16時発のバスを指定して往復チケットを購入した。往復割引などは特にないが、ここで買っておいた方がラク。

(今回は出発の10分ほど前でもチケットを購入できたが、夏などはもっと混んでいると思われるので、早めにバスターミナルへ到着した方がいいかもしれない。)

バスはほぼ満席状態だった。こんな寒い時にわざわざ遺跡を見に行く人、意外と多いな・・・と驚いたが、実際には半分以上の人が途中のアラホバという街で降りていった。

↑アテネからしばらく行くと、雪景色になる。

↑出発から1時間半ほど。9時頃にトイレ休憩あり。フレンドリーカフェ。

↑フレンドリーカフェ内部。外は寒いが室内は暖かくてとっても居心地よい。

↑思わずおやつを購入。甘食みたいなパン2ユーロ(約250円)

↑バスの道中、一番雪が深かったあたり。アラホバという街。スキーなどウィンタースポーツで有名なパルナソス山の玄関口。

↑かなりの人がここでバスを降りていった。

アラホバからデルフィまでは12kmほどの距離。10時30分頃に無事デルフィに到着した。アラホバと比べてだいぶ雪は少なかった。

続く。